前立腺癌 におけるBRCA1/2遺伝子検査の意義について

本邦の2020年の前立腺癌 罹患数は 95,600 人以上で男性癌の中で最も多く、 2018 年の死亡数(12,700 人以上)男性癌の中では 6 番目に多い部位です(2020 年のがん統計予測)[1]。 臨床的に診断される前立腺癌の一部は進行して致死的であり、転移を伴う症例では新規ホルモン製剤(ARAT:アンドロゲン受容体軸標的薬)や放射線治療など積極的な治療介入が望まれます。
これまでBRCA1及びBRCA2バリアントの遺伝子検査を受けた男性の数は女性よりも少ないですが、病的バリアントを保因する男性の方が癌のリスクが有意に高く[2]、前立腺癌のリスク上昇にも関連しています。 病的バリアントを有さない前立腺癌患者に比べると、リンパ節転移の頻度が高く予後不良を示し[3]、特にBRCA2のバリアントでは比較的若年発症が多く、病期が進行して診断されるため悪性度も高く、生存期間の中央値は 2.1 年に過ぎません[4]。そのため、BRCAバリアントを悪性度の高い予後不良のマーカーとしてとらえることもできるため、相同組み換え修復経路に着目した治療法が期待されてきました。
PROfound 試験[5],[6]は、新規ホルモン製剤(ARAT)による前治療が無効であった相同組換え修復(HRR) 関連遺伝子変異陽性の転移性去勢抵抗性前立腺癌(mCRPC)患者を対象に、オラパリブ投与群と ARAT 投与群を比較した非盲検多施設共同第 III 相試験です[6]。ARAT投与群と比較して、オラパリブ投与群において、Cohort A 群(腫瘍検体でBRCA1/2または ATM バリアント)では 66% の統計的に有意で臨床的に意義のあるリスク低減(HR 0.34;95% CI 0.25 ~ 0.47;p<0.0001)を示し、無増悪生存期間(PFS)の中央値において 3.8 カ月の延長(オラパリブ群: 7.4 カ月、治験担当医師の選択した ARAT 群:3.6 カ月)が認められました。

前立腺癌 における検査の使用目的

全血から抽出したゲノム DNA 中の生殖細胞系列のBRCA1またはBRCA2遺伝子変異を検出し、オラパリブの前立腺癌患者への適応を判定するための補助に用います。

BRCA1/2の遺伝学的検査に関連する情報および 学会について

前立腺癌 に対するコンパニオン診断としてのBRCA1あるいはBRCA2の遺伝子検査に関連する情報については以下の関連学会をご参照ください。

専門学会 ウェブサイトURL
日本泌尿器科学会(JUA) https://www.urol.or.jp/

 

[1] 国立がん研究センターがん対策情報センター『がん登録・統計』
[2] Hu C, et al. Association Between Inherited Germline Mutations in Cancer Predisposition Genes and Risk of Pancreatic Cancer. JAMA.2018 Jun 19;319(23):2401-2409. doi: 10.1001/jama.2018.6228. PubMed PMID: 29922827; PubMed Central PMCID: PMC6092184.(Hu 2018A)
[3] Tryggvadóttir L, Vidarsdóttir L, Thorgeirsson T, et al. Prostate cancer progression and survival in BRCA2 mutation carriers. J Natl Cancer Inst. 2007; 99(12): 929-35.[PMID:17565157]
[4] Mitra A, Fisher C, Foster CS, et al;IMPACT and EMBRACE Collaborators. Prostate cancer in male BRCA1 and BRCA2 mutation carriers has a more aggressive phenotype. Br J Cancer. 2008; 98(2): 502-7.[PMID:18182994]
[5] M. Hussain, et al. PROfound: Phase III study of olaparib versus enzalutamide or abiraterone for metastatic castration-resistant prostate cancer (mCRPC) with homologous recombination repair (HRR) gene alterations. European Society for Medical Oncology Volume 30 | Supplement 5 | October 2019
[6] J. de Bono, et al. Olaparib for Metastatic Castration-Resistant Prostate Cancer. N Eng J MED 382;22. May 28, 2020

BRACAnalysis診断システム( 前立腺癌 )カタログ

以下からご登録後にダウンロードしてください。