ミリアド ・ ウェビナー – HRD検査: myChoice™診断システムのご紹介


日時 2021年6月24日(木)18:30 – 19:20
開催場所 オンラインセミナー(Zoom)
演者 ミリアド・ジェネティクス合同会社 シニア マーケティングマネージャー 黒川 文代
詳細 ポリ(ADP-リボース)ポリメラーゼ(PARP)阻害薬は、相同組換え修復欠損(Homologous Recombination Deficiency: HRD)の癌細胞を標的とする分子標的薬で、現在ニラパリブ(製品名:ゼジューラ)およびオラパリブ(製品名:リムパーザ)が、卵巣癌に適応されています。

myChoice™診断システムはPARP阻害薬の投与可否判断に用いられるコンパニオン診断システムで、腫瘍検体より採取したゲノムDNAから、ゲノム不安定性(Genome Instability: GI)の状態およびBRCA1/2遺伝子を解析・評価することができます。GIスコアがある閾値を超えた場合、またはBRCA1/2に病的バリアントがある場合にHRD陽性と評価され、PARP阻害薬の投与可能の診断の補助となります。

myChoice™診断システムは、HRDを引き起こすBRCA1/2の病的バリアントの検出と同時に、HRDによって引き起こされるゲノム不安定性(GI)の状態をスコア化して評価するユニークな検査で、単にHRDの関連遺伝子を解析する検査とは異なります。セミナーでは、GIスコアを算出するバイオマーカーや検査結果、検体準備の注意点などについてご説明させていただきます。

対象者 医療関係者(一般の方、同業他社の方はご登録をお断りしております)